5/4 Gijie

GWを利用して引越しの準備を始めました。
転勤先は未だ教えてもらえません(笑)




物を中々捨てられない(貧乏性ですね・・。)ため、転勤族にも関らず本が増えてゆきます。
新生活を始めるには出来るだけ身軽な方が良いと、随分お世話になったこの雑誌を処分することにしました。
(端っこの方に自分が写っていたり、サインを貰った号は思い出箱へ・・・。)

Gijie
e0054725_1650394.jpg



10年前、本格的に釣りを始めるにあたりこの本を定期購読するようになりました。
それまで、北海道で釣りをするのなら「NA」や「北海道の釣り」だろうと勝手に思い込んで、それらの雑誌を流し読むことはしていたのですが、ルアーを楽しむという視点までには至りませんでした。

感受性や年齢の問題なのかもしれませんが、僕にとってそれらを気付かせてくれたというか、釣り自体をスローで濃密なものへ変えて行こうと思い始めた頃の僕にとてもフィットしていた雑誌である事は間違いありません。(注!!濃密と釣果は別次元です・・・・。)

「メーカーの人間の書く記事ばかりで、ばかりもっと一般人の写真や記事が載る様な雑誌じゃないと売れん!by近所の釣具屋店主」
との意見もありますが、ミノービルダー達が定期的にインプレ含みの釣行記を載せている所が良かったんですよね・・・・。
だって販売されているルアーの種類多過ぎます(笑)。

自分でルアーを作るようになった事も影響しているかもしれませんが、作者のイメージと使い方は興味がありました。ついでにそれを試して見ることで自分の作るミノーやメインで活躍するミノー達と過ごす時間が濃密になる様な気もしました。それに記事に出ていたルアーをいろいろな角度から眺めてみたりする時、お酒が美味しく呑めると言う利点もありました(笑)。
おかげで僕のミノー箱は随分賑やかになってしまいましたが、ルアーを楽しむ時間は、あの頃より随分濃くなっています。


ちなみに僕の手元にあるあまり使っていないシンキングミノー達・・・
e0054725_17133561.jpg


さらに二軍達も控えていますが、彼らも自宅の浴槽では日替わりで生き生きと泳いでいます(笑)
[PR]
by mojie0219 | 2011-05-04 18:21 | FavoriteBook
<< 5/7 川へふたたび 4/2 カヌー犬・ガクの生涯 >>